入浴剤の使用期限はいつ?大手製薬会社3社に電話調査

プレゼントされることの多い入浴剤。
「いつか使おう」と思ってもしばらくすると忘れてしまって…何年か経って“あの時の入浴剤ここにあったんだ!”なんてことよくありますよね。
入浴剤の使用期限は一体いつまでなのでしょう。
大手製薬会社3社に電話で問い合わせをしました。

使用期限はなし!目安は3年!

使用期限はなし!目安は3年! | 入浴剤マニア | 入浴剤人気おすすめランキング

 

今回A社・B社・K社に問い合わせてみたところ、以下のように答えていただきました。

 

A社

「通常未開封で3年としています。開封後しばらく何年か経っているものや、未開封でも3年以上経っているものは品質が一部低下していることがあります。」

 

B社

「おおよそ3年です。以降は香りや成分が低下することがあります。」

 

K社

「使用期限というものは保管状態によって異なるため設けておりませんが、目安は3年です。」

 

 

どうやら使用期限はおおよそ3年。
それ以上経つと成分や品質が低下してしまうことがあるようです。

 

使用期限の記載は義務化されていない?

実は厚生労働省の薬事法において入浴剤の使用期限の記載は義務化されておりません。
これは化粧品同様に製造してからの3年間は常温管理であれば一定の成分・品質管理を保たれるという自主基準に基づいて製造しているからです。
そのため、期限というより“目安が3年”と謳うところがほとんどです。

 

品質低下しやすい入浴剤がある?

 

ただ、含まれる成分によっては劣化しやすいものもあります。

 

  • 保湿系の入浴剤
  • 炭酸ガス系の入浴剤
  • オーガニック・無添加の入浴剤

 

これらの場合は3年経ったものでも匂いを嗅いだりお湯に入れた時の色をみて、物ものによっては破棄するようにしましょう。

 

また、湯上がりで高温になりやすい脱衣所で入浴剤を長く保管していると傷むスピードが早くなるので、しばらく使わない入浴剤は常温が保てる場所で保管するようにしまよう。

 

入浴剤は3年以内に使おう!

入浴剤は3年以内に使おう! | 入浴剤マニア | 入浴剤人気おすすめランキング

 

3年以上経っているものでも直接人体に害をもたらすことはないそうですが、せっかくリラックスできるお風呂で不快感を覚えないようにするためにも、3年以内に全て使い切るようにしましょう!

 

 

>>おすすめ人気入浴剤ランキングはこちら!