「入浴剤」×「追い焚き機能のあるお風呂」相性とは

「入浴剤」×「追い焚き機能のあるお風呂」相性とは | おすすめ入浴剤人気ランキング | 入浴剤マニア

 

循環式浴槽とも呼ばれる追い焚き機能付きのお風呂。
家族みんなで温かいお風呂を楽しめる大変便利なものではありますが、実は入浴剤とはそこまで相性が良くないのです…。

 

基本的に入浴剤×追い焚き機能付き風呂はNG!

 

浴槽の販売メーカー側は入浴剤の使用をNGとしているところがほとんどです。
特に

 

  • 硫黄系(湯の花)
  • 柑橘系
  • 白濁、濁り湯系
  • バスソルト(塩系)

 

これらの入浴剤は酸性または強酸性となって風呂釜や給湯器、他金属類を研磨させて、パーツの故障や浴槽自体の寿命を縮めてしまう可能性があるため、追い焚きは控えるようにしましょう。
また花びらなどが浮くおもちゃ系も、給湯器に入り込んでしまうことがあるので基本的にNGです。
万が一そのような理由で故障となった場合、ほとんど自費負担になるでしょう。

 

一方で入浴剤メーカーの中には「追い焚き可能」と謳っているところもあります。
これは硫黄成分が入っていなかったり、風呂釜や給湯器などの材質で自社試験し影響を与えないことが証明されている入浴剤でしょう。
浴槽の販売メーカーの注意喚起からして追い焚きしないほうが無難ではありますが、入浴剤によっては「追い焚き可能」というものもあるので、使用説明欄やメーカー公式サイトの追い焚きに関する記載を確認してみてください。

追い焚き機能のあるお風呂で入浴剤を楽しむには

追い焚き機能のあるお風呂で入浴剤を楽しむには | おすすめ入浴剤人気ランキング | 入浴剤マニア

 

どんな入浴剤であっても、せっかくですから自宅のお風呂で楽しみたいですよね。
そんな方は、入浴剤を入れてから追い焚きをしないようにしてください!
お湯を循環さえさせなければ(「自動」「追い焚き」ボタンを押さず、機能させなければ)給湯器にかかる負担を減らすことができるので、比較的安全に楽しむことができるでしょう。
ただし、注意点が2つあります。

 

注意1.「自動ボタン」に注意

 

性能の良いお風呂にはお湯の温度を自動で保つ便利な「自動ボタン」が付いていることが多いのですが、気づかないうちに勝手に追い焚きされてしまい入浴剤成分が給湯器の中に入り込んでしまうので、あらかじめ起動しないよう止めておきましょう。

 

注意2.入浴が終わったらすぐに洗い流すこと

 

硫黄系や白濁、濁り湯系など、入浴剤によっては中の金属類だけでなく風呂釜も傷めやすいものもあります。
入浴し終わったら成分を残さないよう、なるべく早いうちに洗い落とすようにしましょう。

 

正しい知識の元で快適なバスタイムを

正しい知識の元で快適なバスタイムを | おすすめ入浴剤人気ランキング | 入浴剤マニア

 

入浴そのものは日頃の疲れやストレスを癒す日本独特の健康習慣です。
この素敵な習慣を家族みんなで楽しみましょう!

 

 

 

>>おすすめ入浴剤ランキングに戻る